子どもがまだ2、3歳のころ、子連れでサイパンに行ってきました。

子連れの海外旅行体験談
子連れの海外旅行体験談

子どもがまだ2、3歳のころ、子連れでサイパンに行ってきました

このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもがまだ2、3歳のころ、子連れでサイパンに行ってきました。
北海道から東京まで出て、そこで2日ほど過ごした後でサイパンに旅立つという行程でした。
東京近郊で過ごした時は何も問題がなかったのですが、サイパンに着いた途端に子どもが高熱を発し、ぐったりしてしまいました。

これは大変ということで、ホテルのフロントでタクシーを頼み、現地の病院に子どもを連れて行きました。
片言の英語で医者に病状を説明し、薬をもらいました。
医者に言われたのが熱は100度くらいだということでした。
最初聞かされた時は何を言っているんだろうと思ったのですが、日本とは違って華氏で計っているんだということがわかりました。

日本では風邪をひくと、寒くならないようにある程度、着るものを身につけるようにしますが、サイパンでは風邪の時には患者の服を脱がせて、熱を逃がすようにすすめられました。
現地の看護師さんたちが親切心で子どもの服を脱がせようとしていましたが、こちらは、それには抵抗があり、脱がされた服を子どもに着せました。
看護師さんと私たちで子どもの服を脱がせたり、着せたりというやりとりをずっとやっていました。

環境が変わると大人も体調を崩すことが多々あります。まして子どもならそのようなことがあってもおかしくありません。もう少し子どもの体調に気を配ってやっていればと申し訳ない気持ちになりました。